ネット業界で働くOL。 素人目線で、業界の最新情報を斬る!!
Cyber Yokoのインターネット広告情報発信基地
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
【ORICON】日清食品/「FREEDOM-PROJECT」
2006-07-28-Fri  CATEGORY: タイアップ企画
「FREEDOM」についてのUVERworldインタビュー記事を中心に
オリコンでタイアップ広告が展開。

「FREEDOM」× ORICON

TVでON AIRが始まったFREEDOMシリーズ:「メッセージ」篇のCMもこのページで見ることができる。

実はこれ、ただのタイアップ広告ではない。
「FREEDOM」予告編ムービーを10人以上にクチコミしてくれた人に抽選でカップヌードルなどをプレゼントするバイラルCMを絡めたキャンペーンなのだ。

「FREEDOM」をクチコメ!

というわけで、クチコメ!!!
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
『Google の検索エンジンを導入』 - KDDI
2006-07-27-Thu  CATEGORY: コラム
『KDDI、7月20日に Google の検索エンジンを導入』(japan.internet.com)


とうとう・・・とうとう、きましたか。
携帯からの検索数も伸びてきてる現状で、PCと同じ様にポータルサイトが携帯で利用出来るようになると、モバイルでの広告(リスティング、バナー広告を含め)もこの先伸びて来るに違いない。
そしたらもう、全ての機種が携帯サイトだけでなく、PCと同じ画面が見れるように改良するんだろうね。(もうなってたりして?)

ちなみに、VodaphoneだったらYahoo!かしら。
docomoは・・・?
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
無効クリックのレポート機能を追加
2006-07-27-Thu  CATEGORY: コラム
『グーグル、アドワーズ広告に無効クリックのレポート機能を追加』(japan.internet.com)

うっわー・・・。
私の業界にしてみたら、なんともありがた迷惑な機能を・・・。(^^;)
個人的にどれだけあるのか、データは見てみたい気もするけど。

どれだけ不正クリックがあるのか、クライアントがダイレクトに見れる様になったら
『クリック課金型広告』が廃れていく速度が速まるのは必至ね。

クリック課金のメリット、デメリット、システムを理解してるクライアントならともかく
素人同然の私のようなクライアントだったら、基準や比較になるものを知らないから
やっぱり数字が全てになってしまうもの。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
ブロガーから作家へ??
2006-07-25-Tue  CATEGORY: NEW!!
ブログを製本してくれるサービスが次々と出てきてるんだって。

YOMIURI ONLINE

自分の夢が、漫画家や小説家だっただけに、
こんなに簡単に製本化できるのを目の当たりにすると
ちょっと拍子抜けしちゃうけど。

Web2.0時代だし、ユーザーのユーザーによるユーザーの為の旅本や、
グルメ雑誌とか、Webであがってた口コミ情報がそのまま本になる時代もそう遠くはないかも。

そうなると、ある程度そのサイトが人気が出てからの製本となるだろうから
それなりの売り上げが見込めるのは必至よね。
今まで本を出すまで読めなかった売れ行きが、ある程度予測できれば
出版側としても無駄のない動きができるんじゃないかしら。

いいなぁ・・・。 Web小説でも書いてみようかしら・・・。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
「Google Accessible Search」
2006-07-24-Mon  CATEGORY: NEW!!
Googleが視覚障害者向け検索サービスの提供を開始。
「Google Accessible Search」

どういうシステムなのかしら。
私が今、このリンク先に飛んでも、普通にGoogleシンプル版という
感じなんだけど、テレビみたいに、このページに副音声が入ってたりするのかしら。

ユーザーがどうやって、知りたい内容のページを選ぶんだろう。
広告は掲載しないということかしら。

とまぁ、疑問は沢山。
でも、こうして障害者の方であっても、インターネットが楽しめる環境になってきてるのは、とっても素敵なことよね。

それにしても、広告が張っていない、シンプルなポータルサイトを見るのは久々だわ。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
Under 18限定 子ども専用SNS「トイスタ」
2006-07-21-Fri  CATEGORY: NEW!!
http://toyst.jp/

なかなかシンプルな作り。 キャラクターもかわいいし。
18未満というよりは、11未満てな感じ。
まー、せいぜい、小学生までなんじゃない?

でも、カードゲームにハマってる大人もいるわけだし。
18歳未満お断りながらも、年齢確認をやってるわけでもないし、
蓋を開けてみると、会員はカードゲーム大好きな大人たち、ってのも
十分ありえそう。

広告はやっぱり、子供向けの学習塾やおもちゃのクライアント限定なんだろうか。
遊びのサイトで、勉強の広告ってのもなんだか可哀想な話だけど。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
おうちカクテル
2006-07-10-Mon  CATEGORY: タイアップ企画
サントリー株式会社とCOOKPAD(媒体社)のコラボ。

サントリー商品のリキュールを使って、カクテルレシピのコンテストを展開。
http://cookpad.com/pr/contest/index.cfm?id=20

COOKPADの中に「つくれぽ」というコミュニティがある。
あるユーザーが立ち上げたレシピを作りたいと思ったユーザーが真似・
アレンジをして作り、自分が作ったのを「つくれぽ」として掲載する事ができるんだって。

まさしくWeb2.0の先を行くサイト。

■料理の本を買うほどではないけれど・・・
■簡単で美味しいものが作れるレシピが欲しい・・・。
■レパートリーがマンネリ化して来たけど、新しい本を買うのはちょっと・・・。

などなど。
こんなお悩みを持つ方にはぴったりではないかしら。

ちょっと楽しそうなサイトよね。
そのうち誰かダイエットメニュー レシピを立ち上げてくれないかしら。


 ←励みの1票をどうぞ宜しくお願いします☆
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
flipclips
2006-07-10-Mon  CATEGORY: 好物
今やデジカメなどで、写真も全てデータとして残す時代。
でも、デジカメプリント技術がここまで発展してきてるのも
やっぱり、いつでも見れる場所に思い出を置いておきたいという人間の心理の賜物。

でも、ビデオなんかで撮影したものをプリントアウトしようとすると
ワンシーンしか出来ない。

そこで!
このflipclips なら 動画をストロボ撮影したように加工してくれるんだって!

これ以外にも、Greeting cardとか Story bookとかも作れる。
4冊以上頼んだら、郵送料はFree。
お値段も割りと手軽だし、面白そうだなぁ、これ。やってみたい。。。


flipclips




 ←blogランキングに参加しております。励みの1票をどうぞ宜しくお願いします☆

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
【MSN】トップ面:MOF(マウスオーバーフローティング)広告展開
2006-07-05-Wed  CATEGORY: リッチメディアアド

株式会社リクルートの”ホットペッパー.jp”



http://www.msn.co.jp/home.armx

今テレビでもよく見かける昔のSMAPの映像でアフレコされたCM、かなり面白いと思ってたけど、
この広告もなかなかの出来。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
【エル・オンライン】ファッション面:インタースティシャル広告展開
2006-07-05-Wed  CATEGORY: リッチメディアアド

株式会社バーニーズ ジャパンの”BARNYS NEW YORK”



http://www.elle.co.jp/home/fashion/

思わず、バーニーズ ジャパンのホームページかと思っちゃったじゃないの。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
【ロイター】トップ面:インナースポット広告展開
2006-07-05-Wed  CATEGORY: リッチメディアアド

フィデリティ投信株式会社の”Buy Japan キャンペーン”


http://today.reuters.co.jp/

フィデリティ投信株式会社の広告最近良く見るなぁ。
つい先日までは駅にレクタングル型の大きな大弾幕広告があったわ。
その広告では『何の広告なんだろう?』とつい考えちゃうくらい、広告からはクライアントの業種指定がちょっと難しい印象だったんだけど。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
【Excite】トップ:エキスパンド広告展開
2006-07-05-Wed  CATEGORY: リッチメディアアド

Silent Hill DCP Inc.の”サイレントヒル”



http://www.excite.co.jp/

このブログでも入れたブログパーツ。
未だに細々ながら、生きてるみたいよ。

しかし・・・リンク先、やっぱり怖い・・・。(妙にリアル)
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
【ウィメンズパーク】トップ面:マージン広告が展開
2006-07-05-Wed  CATEGORY: リッチメディアアド

サンスター株式会社の”ハブラシ 創刊1周年記念キャンペーン”広告



http://women.benesse.ne.jp/

右端に可愛い歯のキャラクターが踊ってます。
色的にも、キャラクター的にもかなり魅力的で、ついついアニメーションを全部見ちゃうわね。
やっぱり広告って、デザインとか大きく関わってくると確信してしまうのは
私だけではないはず。

舌の上に歯が乗ってる! なんてつっこみは、やぁよ!
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
デジタルガレージなど、ブログ向け広告で新会社「CGMマーケティング」
2006-07-04-Tue  CATEGORY: コラム
CGMとはインターネットなどを活用して消費者が内容を生成していくメディア。個人の情報発信をデータベース化、メディア化したWebサイトで、Web 2.0的なもののひとつとされる。
とある。(IT用語辞典E-Wordsより

そういえば、7/1から青森県、山梨県は全局で、石川県は一部の局で、福岡県についてはNHKにつづき民間放送局で地上デジタル放送が開始したわね。(※NHK福岡は2006年4月に開始済)
これから世界へもシェアが拡大するらしいわよ。

特徴としては、①映像と画像が綺麗 ②見るテレビから使うテレビへ ③車でも携帯でも安定した綺麗な映像が見れる ④見たい番組を見たい時間に見れる
ことが挙げられるんだけど、1チャンネルを分割して2~3番組の同時放送もできるんだって。

私は一度に二つのことが出来ない人間だから、こんな機能あってもしょうがないけど、要するに、これはネットの普及でささやかれたWスクリーン化をテレビという一つの媒体でやってるわけよね。
まだ一方的ではあるけど、従来のテレビと違って、ユーザーが知りたいと思った情報を個別に、しかも簡単に見ることができる。

テレビ版CGMが出てくるのも時間の問題かしら。
地域の人間にとっては、ネットよりもテレビが根強く支持されてる昨今、テレビを視聴者が作る時代が来たら、面白いと思わない?

まぁ、ただ、ネットと違ってテレビが人々に与える影響ってそりゃぁ計り知れない程のもんがあるわけで。
個人が好き勝手に作り上げられるレベルではないことは、私にだって分かることだけど。
司会者のいない『口コミ番組』って、そりゃぁ締まらないものになるんでしょうね。w
私は、それはそれで、面白い と思える人間ですが、何か?

 ←話はそれたけど、blogランキングに参加しております。励みの1票をどうぞ宜しくお願いします☆
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
恐るべし、メールマガジン。未購読者は1割にも満たない
2006-07-03-Mon  CATEGORY: コラム

インターネットが恐るべき速度で普及した結果、 PC か携帯電話かを問わず、電子メールは、われわれの日常生活になくてはならないもの、郵便や電話と同じ生活インフラ的意味合いを帯びてきはじめた。

参考記事のように、仕事のためにメールマガジンを複数購読している人もかなりの数、いるのではないだろうか。

インターネットコム株式会社とJR 東海エクスプレスリサーチが行ったメールマガジンに関する調査によると、メールマガジンを購読していないユーザーは1割にも満たないことがわかった。

一番多かったのは「6誌以上10誌未満」購読しているユーザーで約3割、「10誌以上」約2割、「5誌」約2割。

調査対象は、官公庁、自治体、民間企業に勤務する20代から60代の男女331人。男女比は男性83.4%、女性16.6%、年齢別は、20代12.4%、30代38.4%、40代34.1%、 50代13.9%、60代1.2%。居住地区別では、北海道0.3%、東北0.0%、関東6.6%、甲信越0.3%、東海61.6%、北陸0.3%、近畿30.8%、中国0.0%、四国0.0%、九州・沖縄0.0%。

全体331人に対して、メールマガジンを何誌購読しているか聞いてみたところ、一番多かったのは「6誌以上10誌未満」30.2%(100人)、ついで「10誌以上」23.0%(76人)と「5誌」12.7%(42人)という結果になった。ちなみにまったく購読していないユーザーはわずか8.8%(29人)だ。

また、メールマガジン購読登録のきっかけになったもので一番多かったのは、「発行元サイトを偶然見つけて興味を持った」で162人、ついで「応募条件がメールマガジン登録の展示会の催しもの/プレゼント」141人、「他サイトの記事で紹介」106人だった。

一方、まったく購読していない29人を除いた302人のうち、購読しているメールマガジンを「すべて読んでいる」ユーザーはわずか3.3%(10人)で、「大体読んでいる」48.0%(145人)と「あまり読んでいない」47.7%(144人)が拮抗している。

以上から、ユーザーは興味を持てるものであれば積極的にメールマガジン購読に登録するし、複数のメールマガジンを購読するのになれているが、それらのメールマガジンすべてに目を通しているわけではないことがわかった。

さて、問題は、購読してもらっているメールマガジンがスパムと体感されないよう、発行元は何をすべきか、あるいは何をしてはいけないか、だ。(調査協力:JR 東海エクスプレスリサーチ)

http://japan.internet.com/research/20060630/1.html

(記事:japan.internet.comより)




みんな、意外と興味もって登録してるのねぇ、メルマガ。
まぁ、インセンティブ目的なのも否めないけど。

確かに、メルマガって溜まってくると読む気がなくなるのよねぇ。
だから、たまに来る方が効果はあるかも。
そのほうが中身があるような気もしてくるし。
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
<< 2006/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 Cyber Yokoのインターネット広告情報発信基地. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。